アーバンレポート

「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」

アーバンレポート 第258号2020年12月発行

弊社はサブリース(一括借上げシステム)事業を2002年11月よりスタートし、18年が経過致しました。おかげ様で順調に管理戸数を増やし、2020年10月末現在でサブリースによる管理戸数は248物件2,118戸になりました。近年は既存物件のサブリース(中古サブリース)も打合せのうえ条件があえば受託しており、オーナー様から喜ばれております。

 

さて、サブリース事業に関連する法律、「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」(サブリース新法)が本年6月19日に公布されました。サブリース業者とオーナーとの間の賃貸借契約の適正化に関する措置(令和2年12月15日施行)及び賃貸住宅管理業を営む者に係る登録制度を設け、その業務の適正な運営を確保する為の法律です。(2021年3月施行予定)

それに伴い、10月15日に具体的な規制の対象を事例等で明示した「サブリース事業に係る適正な業務のためのガイドライン」が国土交通省から発表されました。

第258号 ダウンロード

不動産活用レポート

ページトップ
Copyright © URBAN P&D Co.,Ltd.All Rights Reserved.