会長の独り言

会長の独り言

[ 2021.12.1. ]

293号-2021.12

最近、国力の低下を憂いて国の内外から「日本人論」が人口に膾炙されている。
「対話ができず、不用意な笑いをする不気味さ」と「男女差別」が根強い事だ。 「日本人は、会話は好きだけど対話は苦手」だと一般に言われている。会話とは一般的に「気の合った人たちの間で行う話し合い」をいい、対話とは「必ずしも気の合うとは限らない人たちの間で行う話し合い」を言う。人が複数いれば、それぞれ考え方も感じ方も異なる。日本のような同種同族の国民の中では対話は必要ではなかった。長老や慣習でコトの判断ができたからだ。 欧米のような異種異族の社会ではお互いの話し合いで決めることが必要だ。意思が統一されないと行動ができないからだ。その為、小学校から自分の意見を述べ、他人との違いを踏まえ「合意形成努力」という訓練がされている。しかし、日本では「協調性」が重視され、異端な意見はことごとく排斥されるから、対話の訓練ができない。「阿吽の呼吸」や「その場の空気」が支配される。そのDNAを持つ農耕村社会の中では「序と和を乱さない」事が、村落共同体を維持する不可欠な要素なのだ。多様性を活かすという観点では、違う考えや意見を持つ人たちが対話を通して、新たな価値を生み出すことに意義がある。けれども、「一対」の「対:つい」という意味もあるのだが、対話の中に対決の「対:たい」が入っているためなのか、『自分が正しいことを主張し続ける』『自分とは異なる意見を真っ向から否定する』『相手の考え方の矛盾をついてやり込めるのが対話だと考えている』人がいる。
 特に最近はネットによる悪影響もあって、自分と異なる意見を徹底的に批判する傾向が強まっている。誰しも「自分はこれが正しい」と思っていることを否定されると良い気はしない。特にその否定が、理屈が通っているならまだしも、論点をすり替えて否定する主張であったり、権力を傘にした一方的な物言いだったりすると猶更だ。
...つづき

[ 2021.11.1. ]

292号-2021.11

イノベーションとチャレンジが必要と言われて久しい。企業発展の要はこの二つにかかっているという。 イノベーションには、従来製品の改良を進める「持続的イノベーション」と、従来製品の価値を破壊して全く新しい価値を生み出す「破壊的イノベーション」があるといわれる。優良企業は、持続的イノベーションのプロセスで自社の事業を成り立たせているため、破壊的イノベーションを軽視する。   優良企業の持続的イノベーションの成果は、ある段階で顧客のニーズを超えてしまう。
自動車のモデルチェンジによる低燃費化や高性能化などにみられ、市場が成熟するにつれ、消費者が望む性能よりも企業の技術進化が常に上回るようになり、過剰供給(オーバーシューティング)が生じるというジレンマがある。結果的に、複雑で高価格な製品が市場に溢れかえってしまい、破壊的イノベーションを採る企業にシェアを明け渡すことになる。
...つづき

[ 2021.10.1. ]

291号-2021.10

6月より75歳以上の高齢者からワクチン接種が始まったが、コロナ禍の収束が未だ見えない。
更に困った事には、コロナウィルス変異株の流行だ。イギリスで蔓延した新型コロナの変異株(N501YV2)は従来型(COVIT-19)より感染力が1.32~2.4倍もある。渡航の制限がある中で、どうして急激に日本に伝播したのかは不明だ。マスコミも当時は原因究明を避けていた。   それに加え、さらに強力な感染力を持つデルタ株(インド)が日本にも上陸し猛威を振るい、ガンマ株(ブラジル)、ラムダ株(ペルー)も出始めた。更に9月にイータ株も日本国内で報告された。変異株は次々と発見され、さらなる脅威が襲ってくる可能性がある。   2021年8月、有効な抑止効果が見えない中で、第5波の感染拡大が起こりはじめた。ワクチン接種も8月末までに15歳以上64歳以下の対象者に可能だという事だったが、7月に入り国内での供給不足が懸念されてきた。原因はキャンセルが増え自治体ごとに割り当てられたワクチンの破棄問題が起こり、ワクチン量の不足が目立ってきたことだ。その為、従来のファイザー製に加え、モデルナ製とアストラゼネカ製が加えられた。アストラゼネカ製は血栓が起きやすい副反応がある為、国内では接種が見送られ、台湾、インドネシア、東南アジアに無償提供された。先行した中国製ワクチンによる途上国を含めたワクチン外交に対抗するためにとられた措置だった。ところが中国製ワクチンは接種効果が20%以下というデータが出てきて、おっとり刀で追いかけた日本外交に久々の得点になった。有効なコロナ感染抑止策がとれない中で、ワクチンの2回接種では完全ではなく3回接種になる事態も言われ始めてきた。抜本的抑制策は集団免疫と治療薬の投与を待つしかないだろう。
...つづき

[ 2021.9.1. ]

290号-2021.9.25

業務の基本は「ホウ・レン・ソウ」と言われている。 いうまでもなく「報告・連絡・相談」だだ。これは最近、上から目線だと評判がよくない。これでは上からの指示で動くようになり、自律性が阻害されているから、らしい。「ホウ・レン・ソウ」が出来る職場の雰囲気作りや上司の姿勢が問題という事になった。 パワハラに戦々恐々としている管理職や企業を見て、コンサルタントが新しい商材として飛びついたことにある。そこで「オ・ヒ・タ・シ」なる言葉が出てきた。部下の報連相を受けた上司の心構えを言うらしい。

「オ:怒らない、ヒ:否定しない、タ:助ける(困りごとがあれば)、シ:指示する」である。
小学生でもわかる仕草が、大人でもなかなか実行できない事を証明している。
...つづき

[ 2021.8.1. ]

289号-2021.8.25

社員の採用面接は難しい。各社色々な工夫があるようだが、当社では 書類審査 ⇒   適性テスト・常識テスト ⇒     一次面接 ⇒    二次面接   というオーソドックスな方法を採用している。事務系社員は比較的この方法で予想値が外れたことは少ないが、こと営業系社員となると中々うまくいかない事が多い。明らかに向かない社員は論外だが、平均的なレベルでの判断はあたりはずれもある。

 応募者は、それなりの面接時の応答ノウハウを身に着けているし30分程度の面接では見抜けない。太鼓判を押すような応募者でも、採用後、鳴かず飛ばずの社員もいるし。どうかな?と思う応募者でも場外ホームランを連発する強者もいるからだ。企業戦士として採用し、面接では意欲満々、向上心も旺盛、自己PRも完璧に演技したはずだったが、数年経過すると、面接時の口舌は何処へやら、カヨワイ子羊になってくる。真っ先に覚えるのは業務内容ではなく、有給休暇の取得手続きと経費の精算の仕方だ。  昨今の就職戦線では、学生の応募基準は「残業がない、仕事がきつくない、休みが多い」だそうだから無理もない。それも同期同士SNSなどで情報の交換を頻繁にしているから始末が悪い。採用側からすれば唖然とし、騙されたようだ。
...つづき

1 2 3 24

不動産活用レポート

ページトップ
Copyright © URBAN P&D Co.,Ltd.All Rights Reserved.