社長の独り言

社長の独り言

[ 2020.1.1. ]

270号-2020.1.25

恒例の宅地建物取引士(宅建士)資格試験の合格者発表が12月4日にあった。   受験者総数220,797名、最高齢合格者89歳、最年少合格者は14歳、合格平均年齢35.4歳、合格率は17.0%だった。当社では受験者数36名、残念ながら合格者数わずか2名で合格率5.5%だった。     2009年より15年来、実施していた合格祝いを2019年度の合格を最後に廃止した。又、最低必須資格として宅地建物取引士(宅建士)は位置付けているので、どんな実績を上げようとも一般職から昇格しない事は継続している。 試験対策勉強会も毎年実施している。私費で受験講座も受けている社員もいる。試験の難易度もさほど高くはなく、5点免除の優遇特典もある。合格レベルに達する勉強時間は500時間と言われている。最難関試験と言われる司法試験の8000時間と比べれば十数分の一の時間数だ。現に今年の合格者の一人は受験勉強開始後6ケ月で合格した。
...つづき

[ 2019.12.1. ]

269号-2019.12.25

組織改革があった。
全社的な大きな変更は過去2回だが、事業部内での変更は延べ5回になる。 変更には様々な理由があるが、社内外に混乱があるのは否めない。
費用もかかるが、組織機能不全という病巣は摘除しなくてはならない。通常、組織をいじるのは最終手段となるはずだが、往々にして最初に組織をいじりやすい。
そもそも、目的遂行手段として組織があるはずだが、恣意的に人事をいじる弊害がよく起こる。人事という最高の権力を行使する甘美な魅力は捨てきれないらしい。これは大手中小を問わず起こりえる。秘密主義がそれの拍車をかける。
企業により、オブラートに巧妙に包むのでその真意は計り知れない。
...つづき

[ 2019.11.1. ]

268号-2019.11.25

RPAが最近注目されている。これはRobotic Process Automationの頭文字をとったものだ。
つまり、ソフトウェア・ロボットが、業務プロセスを自動化することを指す。 複数のアプリケーションを連携して操作をしたり、表示した画面の内容を確認して入力する作業など、今まで人手で行っていた事務作業を、ソフトウェア・ロボットが代行してくれるものだ。
RPA導入による期待効果としては、主に「事務コストの削減」「ミスのない高品質なオペレーションの実現」「生産性の飛躍的向上」「簡易なシステム化」の4点が挙げられる。
将来、業務の自動化が進めば、既存の人的リソースをロボットが実行した結果をチェックする役割や、人間でしかできない非定型かつ付加価値の高い役割に配置転換することも可能であると考えられている。まさに第四次産業革命といわれる所以である。第一次産業革命では、蒸気機関という素晴らしい発明によって、世界の距離が縮まりヒトとモノがより自由に行き来できるようになり、第二次産業革命は、電力や石油関連技術の普及によって大量生産の時代を作った。
...つづき

[ 2019.10.1. ]

267号-2019.10.25

相変わらず、家賃滞納者には頭を抱える。当社でも専従部署をつくり対応しているが、それでも毎月増加傾向にある。他の不動産管理会社からの管理替えが増えているからだが、その管理替えの主な理由は、常習滞納者を放置に近い状態にし、不動産会社が有効な督促回収ができていないからだ。まして、売買仲介を合わせてしている殆どの不動産会社は「建前は取り組んでいる」と言ってもバカらしくてやってられないレベルだろう。当社が管理を引き継いだ時点で賃料の3~6ケ月の滞納が発生している、訪問回数は6~10回、電話や督促状の送付を考えれば管理料では人件費どころか交通費も出ない。   街場の不動産会社は将来数百万の売買仲介料を得られるのを期待して、大家との関係を維持したいから、無料奉仕に近いサービスとしてやっているに過ぎない。その関係も今や期待できなくなっており、大手仲介業者に流れることが多いから、益々手を抜きたくなるという図式になるのだろう。
この家賃滞納者には様々な滞納理由があり一概に債務不履行として法的手段をとるのは得策ではない。   最近の多い事例としては「離婚により夫人と子供が置いて行かれた為、収入から家賃を支払うことが難しいケース」「高齢者夫妻の一方が亡くなり通常の年金だけでは家賃を支払えないケース」「夫の会社が倒産して就職先がないケース」等がある。そのほとんどが家賃の支払いどころか生活も窮乏している事が多く、引っ越し先を探すこともその移転費用もない場合がある。
...つづき

[ 2019.9.1. ]

266号-2019.9.25

基準が変わると、評価が一変するということがある。
私は野球に関する記事は、ほとんど見る事はないが、2018年11月13日、日経新聞のスポーツ欄に「エラーの西武!実は堅守」という記事が出ていたのに興味を惹かれて読んでみた。これによると「統計学に基づくセイバーメトリクス」という米国で開発された手法で、当社のコンサルをしていただいているH社のI社長のコラムにもあったのが以下の要旨である。   昨シーズンパリーグでリーグ優勝した西武ライオンズだが、同時に最多失策も記録していた。しかしながら大リーグでも使われている基準を基に守備力を評価すると、12球団で一番守備力が高いという評価になった。ポイントは、最多失策はエラーした数を単純に数えるのに対して、大リーグで使われている基準では守備範囲の広さも考慮に入れて評価する点にある。守備の上手な選手は守備範囲も広く、ヒットになりそうな打球にも果敢に飛びついてアウトを取ったりする。けれども、それであるがゆえに、球を取ろうとした際にエラーが生まれる可能性も広がる。
一方、守備の下手な選手は守備範囲も狭く、取れるか取れないかというギリギリの打球は最初から諦める。このため、自分の守備範囲で一定のエラーを出すものの、ヒット性の打球については、そもそも取りに行かないので、エラーが出る可能性は低くなる。
つまり、野球の守備の質を高めるという点において「狭い守備範囲で守備が下手ゆえに必然的に生まれるエラーと、広い守備範囲で守備が上手いのにやむを得ず生まれるエラー」とは区別する必要がある。単純に最多失策という基準で評価すると、両者は同じ一つのエラーとしてカウントされてしまう。これを会社の仕事に置き換えると、「簡単な仕事なのに、スキルや能力不足のために生まれる失敗と、難しい仕事でありスキルや能力があっても生まれる失敗」は、しっかり分けて評価する必要がある。 特に難しい課題に挑戦させて、上手くいかなかった時、評価の仕方を間違えると、多くの社員は失敗を恐れて、難しいことに挑戦しなくなる。そして、そういう雰囲気が社内に広がってくると、自分のできる範囲の簡単な仕事しかやらない社員が増えて、会社としての品質が上がらない。
...つづき

不動産活用レポート

ページトップ
Copyright © URBAN P&D Co.,Ltd.All Rights Reserved.