社長の独り言

社長の独り言

[ 2020.5.1. ]

274号-2020.5.25

新型コロナ肺炎が猛威を振るいだした。WHOは「パンデミック」と表現したが、遅きに失した感がある。WHOの警告が遅れたのは、慎重を期したという意見もあるが、テドロス事務局長がエチオピア出身で、多大な援助を受けている中国に遠慮したのではと憶測が流れている。発生したのは2019年11月で、警告を発したのは2020年3月11日なので遅すぎたとの指摘があるからだ。世界中で罹病者約200万人、死亡者約15万人に迫ろうと3月15日を境にすさまじい勢いで増え続けている。 欧州をはじめ各国は国境を閉鎖し国内外の移動を禁じた。 これから問題なのは医療後進地域と言われるアフリカ諸国の蔓延だ。感染経路も不明だし、医療施設の絶対数が不足している。欧州をはじめ各地で感染者が異常に増加しており、一都市から国全体へとロックダウンになる処もある。爆発的蔓延は、マスクの習慣のある日本となかった欧米、建築様式の違いやハグの習慣の有無もある。貧富の格差があり、満足に医療を受けられない国は先進国でも感染者は増加している。 新型コロナウィルスは症状が軽く、感染しても風邪のような症状だけで治る人も多いので、出歩き、知らないうちに人に感染させてしまう。日本国内でも緊急事態宣言が出され、東京都をはじめ6府県で「休業要請」「不要不急の外出自粛」が始まった。密接、密集、密閉という「3密」を避け感染拡大を防ごうというわけだ。オーバーシュートと言われる爆発的な患者急増は医療崩壊を起こすので、ワクチンができるまで如何に感染を遅らせるかが行政側の課題になっている。
...つづき

[ 2020.4.1. ]

273号-2020.4.25

口コミ対策が急務になっている。 ここでいう口コミとは、ネットに書かれた評価の事を指す。「GOOGLEのクチコミ」がそれだが、その投稿自体が大きな販促の要因になってきつつある。ほとんどの入居希望者は希望物件をネットで検索し概要を把握する。地域、駅名、間取り、設備、築年数、家賃と絞り込んでいく。そのうえで希望物件に合致するものがあればその物件を仲介している不動産会社に行くことになる。 公表されているデータを見れば、60件の該当物件を抽出し、自分の希望に合ったものを絞り込んでいくことになる。最終的に2~3件に絞り込むと、今度はその不動産会社を見て判断する。 不動産会社の概要、社長のプロフィール、店舗の概要、担当営業社員のプロフィール等を閲覧している。そこでも判断基準は、きちんと対応してくれそうか? 胡散臭い会社ではないだろうか?である。だから、営業員の顔写真は必須になり、特に女性を前面に出すことは非常に効果的だ。 このように、いくつかの関門をクリアーして来店するわけだが、物件数5%の競争倍率から更に不動産会社の選別を経て来店している厳しい環境下にある。勿論、来店前には営業社員との物件詳細における問い合わせや賃貸条件のメールや電話でのやり取りが介在している。 このやり取りも入居者の判断基準になっているも、昨今の特徴だ。問い合わせの返答時間の長短、的確性、メールの書き方も重要なイシュー(ISSUE)になる。
...つづき

[ 2020.3.1. ]

272号-2020.3.25

「お客様は本当に神様か?」
日本の小売・サービス業では、「お客様は神様である」という言葉が当たり前に流通している。通常は「お客様を神様と思って徹底的に奉仕せよ」という意味で用いられる。そもそも神は奉仕する対象なのか!一見、非常にもっともらしい言葉のように聞こえて、その内実には違和感がある。    
三波春夫の「お客様は神様でございます」が一役買っているのは間違いないだろう。「徹底的に奉仕せよ」というよりも、お客様によって生かされている自分の芸人としての立場や、もともと神に祝詞を捧げることから始まった芸道の本質なりを意図して語った言葉らしいが、時の経過と共に本来の趣旨が歪められてきた。 外国に行けば、日本国内の接客事情がいかに異常なものと再認識するはずだ。   まず包装紙を見てみると、これ程丁寧に包む国はない。まさに芸術品に近い。しかも包むスピードが早いし、外国人から見れば神業だろう。外国ではせいぜい袋にポンと入れてホラッと渡すだけだ。店員の挨拶も愛想がない。要するに態度がでかいのだ。店員と顧客は対等で、買って頂いたという意識はない。物品の対価は金銭相当だから、それ以上は過剰サービスということになる。たまに店員の笑顔があるぐらいで、買って頂いたという感じはない。ある面、自社の商品にプライドがあるという事にもなる。欲しくて買いに来たのだから、対価で売るという感覚だ。
...つづき

[ 2020.2.1. ]

271号-2020.2.25

日本語が通じない!これは外国人の話ではない。正真正銘の日本人の若者の話だ。 当社では毎年3~6人の大卒新入社員を迎えているが、コミュニケーションに苦労している。昔あった「阿吽の呼吸」というものがないのだ。 「これを言えば、これも当然やるだろう!」という仕事が期待できないのだ。言われたことだけで、終わることが多く、依頼者から当然に予想される質問や疑問点を加味しない。言われれば当然のようにアクションを起こすが「仕事が中途半端だったな」「そこまで予想してやればよかった」とは思わない。それが続くと、私の上司は「指示の仕方が中途半端だからやりにくい」「きちんと指示しない」という苦情になるから、上司からすれば「何をか言わんや」という気持ちになる。文句の一つでも言おうものなら「横暴」「無責任」という糾弾にもなりかねない。受けた仕事の意味が理解できていないのだ。「言う事はできるが、背景を考えることができない」から話が直線的だ。 同じ職場で一日7時間も顔を合わせていながら、いちいち具体的に言わないと、こちらの真意がなかなか伝わらないのだ。相手から「くどいな!」と思われるくらいのレベルで話さないと伝わらないのだ。まさに手取り足取りの感覚だ。当然、中間報告もないから当初予定したものが出来てこないことも多い。中間で是正することもないから結局時間の無駄になる。
...つづき

[ 2020.1.1. ]

270号-2020.1.25

恒例の宅地建物取引士(宅建士)資格試験の合格者発表が12月4日にあった。   受験者総数220,797名、最高齢合格者89歳、最年少合格者は14歳、合格平均年齢35.4歳、合格率は17.0%だった。当社では受験者数36名、残念ながら合格者数わずか2名で合格率5.5%だった。     2009年より15年来、実施していた合格祝いを2019年度の合格を最後に廃止した。又、最低必須資格として宅地建物取引士(宅建士)は位置付けているので、どんな実績を上げようとも一般職から昇格しない事は継続している。 試験対策勉強会も毎年実施している。私費で受験講座も受けている社員もいる。試験の難易度もさほど高くはなく、5点免除の優遇特典もある。合格レベルに達する勉強時間は500時間と言われている。最難関試験と言われる司法試験の8000時間と比べれば十数分の一の時間数だ。現に今年の合格者の一人は受験勉強開始後6ケ月で合格した。
...つづき

不動産活用レポート

ページトップ
Copyright © URBAN P&D Co.,Ltd.All Rights Reserved.