会長の独り言

会長の独り言

[ 2020.3.1. ]

272号-2020.3.25

「お客様は本当に神様か?」
日本の小売・サービス業では、「お客様は神様である」という言葉が当たり前に流通している。通常は「お客様を神様と思って徹底的に奉仕せよ」という意味で用いられる。そもそも神は奉仕する対象なのか!一見、非常にもっともらしい言葉のように聞こえて、その内実には違和感がある。    
三波春夫の「お客様は神様でございます」が一役買っているのは間違いないだろう。「徹底的に奉仕せよ」というよりも、お客様によって生かされている自分の芸人としての立場や、もともと神に祝詞を捧げることから始まった芸道の本質なりを意図して語った言葉らしいが、時の経過と共に本来の趣旨が歪められてきた。 外国に行けば、日本国内の接客事情がいかに異常なものと再認識するはずだ。   まず包装紙を見てみると、これ程丁寧に包む国はない。まさに芸術品に近い。しかも包むスピードが早いし、外国人から見れば神業だろう。外国ではせいぜい袋にポンと入れてホラッと渡すだけだ。店員の挨拶も愛想がない。要するに態度がでかいのだ。店員と顧客は対等で、買って頂いたという意識はない。物品の対価は金銭相当だから、それ以上は過剰サービスということになる。たまに店員の笑顔があるぐらいで、買って頂いたという感じはない。ある面、自社の商品にプライドがあるという事にもなる。欲しくて買いに来たのだから、対価で売るという感覚だ。
...つづき

[ 2020.2.1. ]

271号-2020.2.25

日本語が通じない!これは外国人の話ではない。正真正銘の日本人の若者の話だ。 当社では毎年3~6人の大卒新入社員を迎えているが、コミュニケーションに苦労している。昔あった「阿吽の呼吸」というものがないのだ。 「これを言えば、これも当然やるだろう!」という仕事が期待できないのだ。言われたことだけで、終わることが多く、依頼者から当然に予想される質問や疑問点を加味しない。言われれば当然のようにアクションを起こすが「仕事が中途半端だったな」「そこまで予想してやればよかった」とは思わない。それが続くと、私の上司は「指示の仕方が中途半端だからやりにくい」「きちんと指示しない」という苦情になるから、上司からすれば「何をか言わんや」という気持ちになる。文句の一つでも言おうものなら「横暴」「無責任」という糾弾にもなりかねない。受けた仕事の意味が理解できていないのだ。「言う事はできるが、背景を考えることができない」から話が直線的だ。 同じ職場で一日7時間も顔を合わせていながら、いちいち具体的に言わないと、こちらの真意がなかなか伝わらないのだ。相手から「くどいな!」と思われるくらいのレベルで話さないと伝わらないのだ。まさに手取り足取りの感覚だ。当然、中間報告もないから当初予定したものが出来てこないことも多い。中間で是正することもないから結局時間の無駄になる。
...つづき

[ 2020.1.1. ]

270号-2020.1.25

恒例の宅地建物取引士(宅建士)資格試験の合格者発表が12月4日にあった。   受験者総数220,797名、最高齢合格者89歳、最年少合格者は14歳、合格平均年齢35.4歳、合格率は17.0%だった。当社では受験者数36名、残念ながら合格者数わずか2名で合格率5.5%だった。     2009年より15年来、実施していた合格祝いを2019年度の合格を最後に廃止した。又、最低必須資格として宅地建物取引士(宅建士)は位置付けているので、どんな実績を上げようとも一般職から昇格しない事は継続している。 試験対策勉強会も毎年実施している。私費で受験講座も受けている社員もいる。試験の難易度もさほど高くはなく、5点免除の優遇特典もある。合格レベルに達する勉強時間は500時間と言われている。最難関試験と言われる司法試験の8000時間と比べれば十数分の一の時間数だ。現に今年の合格者の一人は受験勉強開始後6ケ月で合格した。
...つづき

[ 2019.12.1. ]

269号-2019.12.25

組織改革があった。
全社的な大きな変更は過去2回だが、事業部内での変更は延べ5回になる。 変更には様々な理由があるが、社内外に混乱があるのは否めない。
費用もかかるが、組織機能不全という病巣は摘除しなくてはならない。通常、組織をいじるのは最終手段となるはずだが、往々にして最初に組織をいじりやすい。
そもそも、目的遂行手段として組織があるはずだが、恣意的に人事をいじる弊害がよく起こる。人事という最高の権力を行使する甘美な魅力は捨てきれないらしい。これは大手中小を問わず起こりえる。秘密主義がそれの拍車をかける。
企業により、オブラートに巧妙に包むのでその真意は計り知れない。
...つづき

[ 2019.11.1. ]

268号-2019.11.25

RPAが最近注目されている。これはRobotic Process Automationの頭文字をとったものだ。
つまり、ソフトウェア・ロボットが、業務プロセスを自動化することを指す。 複数のアプリケーションを連携して操作をしたり、表示した画面の内容を確認して入力する作業など、今まで人手で行っていた事務作業を、ソフトウェア・ロボットが代行してくれるものだ。
RPA導入による期待効果としては、主に「事務コストの削減」「ミスのない高品質なオペレーションの実現」「生産性の飛躍的向上」「簡易なシステム化」の4点が挙げられる。
将来、業務の自動化が進めば、既存の人的リソースをロボットが実行した結果をチェックする役割や、人間でしかできない非定型かつ付加価値の高い役割に配置転換することも可能であると考えられている。まさに第四次産業革命といわれる所以である。第一次産業革命では、蒸気機関という素晴らしい発明によって、世界の距離が縮まりヒトとモノがより自由に行き来できるようになり、第二次産業革命は、電力や石油関連技術の普及によって大量生産の時代を作った。
...つづき

1 2 3 4 5 22

不動産活用レポート

ページトップ
Copyright © URBAN P&D Co.,Ltd.All Rights Reserved.